愛する人のために、そして自分のために

​大好きだったあの人との「想い出」を刻もう

愛する人のために、そして自分のために​

大好きだったあの人の「生きた証」を刻もう

故人のホームペー作ろう

残酷なことに、世の中には死別というものが存在します

 

 

伴侶、恋人、子供、親、兄弟、親族、友人…

 

 

死別にはさまざまケースがあり

その悲哀の程度もさまざまです

 

しかし

 

 

どのような別れであったとしても

大切な人を愛し、大切な人を偲ぶ気持ちに

変わりはないのではないでしょうか

だから今、大切な人への「想い」をカタチにしよう

故人の「生きた証」を刻む場として

著名人でもなければ、その死が報じられることはありません。

もちろん、その生涯が注目を浴びることもありません。

しかし

すべての人に誇るべき人生があり、すべての人に語るべきドラマがあるはずです。

なにより、人生を精一杯生きたこと、それだけで素敵なことなのですから

ご遺族の「想い」をカタチにする場として

伝えられなかった想い、そして今だからこそ伝えたい想い

きっとそういったものがあるはずです

溢れる想いをあの人へ…

故人を偲ぶメモリアルサイトとして

故人の写真、故人が愛したもの…

故人を取り巻くさまざまな情報が集まれば

そこに、在りし日の故人がよみがえります

お墓やお仏壇などの代わりとして

故人を偲ぶ方法に決まりはありません

大切なのは故人を想うその「気持ち」

いつでもどこでも…

ホームページを開けば、そこに大切な人がいます

故人への贈り物として

どうしても何かしてあげたい…

そんな気持ちをカタチに変える

大切な人だからこそ贈りたい

あなたの想いが詰まった特別なホームページ

悲しみを分かち合うための場として

大切な人を亡くした悲しみは

あなたにしかわからないことかもしれません

だからといって、悲しみを一人で抱え込む必要もありません

みんなにとっては、あなたも大切な人だから

ホームページを作ることで、多くの「想い」を表現できるとともに、

なによりも、故人を身近に感じることができます

活用の仕方はあなた次第。

誰よりも故人を想うあなただからこそ、その「想い」をカタチに…

故人の「生きた証」を刻む場として

著名人でもなければ、その死が報じられることはありません。

また、その存在や功績、そしてその生涯が注目を浴びることもありません。

しかし、すべての人に誇るべき人生があり、すべての人に語るべきドラマがあるはずです。

なにより、人生を精一杯生きたこと、それ自体が素敵なことなのですから。

​ホームページを作ることで、大好きなあの人の「生きた証」を刻むことができます。

ご遺族の「想い」をカタチにする場として

伝えられなかった想い、そして今だからこそ伝えたい想い

きっとそういったものがあるはずです

溢れる想いをあの人へ…

​ホームページを作ることで、ご遺族の「想い」を表現し、届けることができます。

故人を偲ぶメモリアルサイトとして

故人の写真、故人が愛したもの、生い立ち…

故人に関するさまざまな情報が集まれば、

そこに、在りし日の故人がよみがえります。

ホームページを​「メモリアルサイト」とすることで、

あなたを含む多くの人が、故人を偲ぶことができます。

それは、故人にとっても嬉しいことでしょう。

お墓やお仏壇の代わりとして

故人を偲ぶ方法に決まりはありません

大切なのは、故人を想う「その気持ち」

もちろん、ホームページに向かって手を合わせたり、祈ったりすることも、

ごくごく自然なことです。

ホームページを作ることで、いつでもどこでも偲ぶことができると考えると、

むしろ、遥かに想いのこもった素敵な供養の方法と言えるかもしれません。

それは、故人を偲びたい他の人々にとっても同じことです。

 

お墓でなくても、仏壇でなくても、

​ホームページを開けば、そこに大切な人がいます…

故人への贈り物として

大好きなあの人に何かしてあげたい

そんな想いをカタチに変える

あなたの「想い」が詰まったホームページは

きっと素敵なプレゼントになることでしょう。

悲しみを分かち合うための場として

大切な人を亡くした悲しみは、あなたにしかわからないかもしれませ

だからといって、悲しみを一人で抱え込む必要はありません。ん

 

ホームページを作ることで、あなたが持つ「故人への想いの強さ」に、みんなが気付くことでしょう。

世界一の悲しみは、そっとみんなで分かち合いましょう。

​みんなにとっては、あなたも大切な人ですから。

​ホームページの作り方

パソコンが苦手な方も、まったく心配はありません。

ここでは、一番簡単な方法をご紹介しますので、ぜひ挑戦してみてください。

なお、料金はかかりませんので、その点もご安心ください。

それぞれが自分に合った方法で、故人のホームページを作ることができれば素敵です。